標題: [轉貼] 和服的穿法
風闇
管理員
Rank: 9Rank: 9Rank: 9

積分 13184
帖子 6836
註冊 2007-1-14
用戶註冊天數 3964
狀態 離線
發表於 2015-10-17 04:19 
分享   短消息  頂部
1.    さあ、ゆかたを羽織ってみましょう!
開始吧!將雙手套進浴衣裡撐開像翅膀一樣!!



まず、ゆかたに袖を通してみましょう。(1) 両手でゆかたの袖(そで)口をつまんでつんつんとひっぱります。        両手が同じ高さ・同じ強さでゆかたを引っ張るようにしましょう。(2) そうすると、背中の縫い目がちょうど背中の中心を通るようになります。

首先,將雙手伸進浴衣的袖子試看看。
(1)      用兩手將浴衣的袖口向兩撤展平袖子。
       兩手舉同高度、一樣的力道,向兩旁拉開。
(2)      這樣的話~會把浴衣後背的中心缝線跟身體背中心對準。

    専門用語で「背縫いが背中心(せちゅうしん)を通っている」
「背中心を決める」などといいます。

   【浴衣專門用語小教室】
   「背中心を決める」~~決定背中心線
   「背縫いが背中心(せちゅうしん)を通っている」~~對準背中心

    この背中心    着付けが完成する最後までずれないように心がけるのが、
    きれいに着れるコツなんです。

   這個的背中心
   從開始到最後完成穿着浴衣,
   背中心線都要維持正中不要移位,
   穿起來才會漂亮。


2.     ゆかたのすその高さを決めます。
決定浴衣的長度。

(1) まず、衿の先をそろえます。(2) 衿の先から約20cmくらいのところを持って、ゆかたをゆっくりと持ち上げます。
      
前にならえの感覚で前に手を上げるとうまくいくと思います。)(3) ゆかたの裾(すそ)で、足のくるぶしの部分がかくれるくらいの高さに調節します。

1)首先,將浴衣兩邊領口拉近。
2)浴衣領口開始慢慢往上拉約20cm左右。
3)調整浴衣的裙擺高度,剛好蓋住足踝的部位。

     
このとき、上のイラストで決めた『背中心』はずらさないように心がけてください。
     這時候也要注意背中心線(如上圖)都要維持正中不要移位。


3.ゆかたの前の位置を決めます(リハーサル)
  決定浴衣前面的位置(試穿~預演)
   

ゆかたの下半身の部分をつくる作業に入ります。
  開始調整浴衣下半身的部份。
  
まず左手を右の腰骨のあたり(左図参照)に持っていきます。
  首先左手抓著浴衣前領塞進右邊腰骨的附近位置。
  
正面から見て、ゆかたで右の太ももが隠れるようにセットしてみてください。
  從正面看起來,請試試看是否浴衣有蓋住右大腿。
【浴衣專門用語小教室】
  着付け用語で「上前(うわまえ)を決める」と言います。
「上前(うわまえ)を決める」~~決定浴衣外側
ポイント これが実際に着付けるときの位置になります。このあと一旦、
左手を動かすのですが、また同じ位置に帰ってくることになります。
今、ここで決めた左手の位置がどこにあるか、よーく覚えておいてくださいね。
【重點】
  這裡就是正式穿的時候的位置。之後即使移動左手還是要回到原來的位置。
  請記住這個左手決定放的位置。

4.    今度は右手。ゆかたの内側の位置を決めます。
這次換右手決定浴衣內側的位置。

(1) 左手を元の位置に戻して、今度は右手を左側の腰骨あたりに合わせます。
     左手回到原來的外側的位置,這次換右手抓著浴衣前領
      放在左邊腰骨適合的位置。

  【浴衣專門用語小教室】
        着付け用語で「下前を決める」と言います。
     「下前を決める」~~決定浴衣內側
(2) 右手を腰に合わせたとき、左手の手首を返して、
ゆかたを軽く引っ張るようにすると腰のだぶつきがなくなります。
       右手在跟腰圍合時,左手的手腕返回原位輕輕拉起浴衣,
       不要讓浴衣看起來太寬鬆。

    ポイント
   
このときのコツとして、下前の裾を上前より7-8cm高めに
    セットするようにしてください。
   
着付けたときに裾の内側が見えるのはとても格好の悪いものです。    また、下前の生地があまったまま着付けてしまうと、
    あとで着崩れの原因になってしまいます。
   
また、うしろまで巻きつけてしまうと歩きにくくなってしまうので、
    あまった分は図のように折り返しておきましょう。
  【重點】
   此時的重點,請將浴衣內側裙襬要比外側裙襬略高7~ 8cm
   如果看見露出的浴衣內側裙襬,是非常不雅觀。
   而且浴衣內側裙襬若多出來,穿著的形狀不易維持,
   也是容易變形的原因。
   而且走路的時候會不好走,容易被長出來的內側裙襬絆倒。
   如圖,要將多餘的部分反折起來。

5.ゆかたの前の位置を決めます(今度は本番)
   決定浴衣的前面位置(正式開始)

もう一度左手を先ほど決めた腰の位置に持っていきます。  (このとき、下前を持っていた右手をゆっくりと離します。)   上前の裾も下前より少し高め(3-4cmくらい)にすると綺麗に仕上がります。   うまくできたら、左手でもっていた上前の部分を右手に持ち替えましょう。
   再一次左手握著浴衣放到原先決定好腰的位置。
  (此時,握著浴衣內側的右手慢慢的放開)
   浴衣外側裙襬要比浴衣內側裙襬稍微高出3~ 4cm
   穿起來會變的比較漂亮。
   順利的話,右手要接替左手握著的部份。

6.腰ひもをしめる。
   綁腰紐。

   腰紐をしめます。    前からまわして、後ろで交差、もう一度前に持ってきてからめる。    結ぶ必要はありません。    あまった紐は、両側の紐に挟み込んでおきましょう。
   此時左手拿著細線從前面繞到後面一圈,不要打結。
   線多出來的部份塞進線的兩旁繞個幾圈。
   ポイント   別にひもは普通に結んでも構わないのですが、
   結び目が帯とからだの間にはさまって痛くなる時があります。   できればごつごつした結び目は作りたくないもの。   図のようにからめて”“はさむだけで充分止まります。
一度おためしください。
【重點】
  若打結也沒關係,只是打結會卡在腰帶和身體中間有時會痛。
  如果可以的話,以纏繞或塞入的方式(如圖),讓它不會鬆開就好。請試試這種打法。

7.おはしょり∼身八つ口から手を入れる∼
   把浴衣皺摺部份撫平~~手伸進腋下袖口的洞


    ゆかたのわきの下に開いている穴(着付け用語で「身八つ口」(みやつぐち)
    と言います。)から両手  を入れて、まず前の部分を整えます。
   
腋下袖口的洞在浴衣用語為「身八つ口」(みやつぐち)。
   雙手伸進腋下袖口的洞,把前面的皺摺部份撫平。

   
手は「チョップ!」の手で。
   
中の生地がしわにならないようにトントンと。    胸元からおはしょりまでのしわをなくしておきましょう。
  從胸前開始用手掌撫平皺摺。

    前が終わったら今度は後ろを整えます。
   (ここが手抜きになっている人、とても多いです。
    きっちり仕上げておきましょう!)
   弄完前面的皺摺後,換整理後面的皺摺。
  (大多數的人都省略這個步驟!請確實照著步驟做吧!)

8.衿を整える。(きものベルト使用)
  整理衣領。(使用和服雙頭夾腰帶)很多人都沒有用雙頭夾所以在走動之後浴衣容易鬆開~

    両手で衿元を整えます。
   
首の根元にある『胸の骨』を隠すように衿を合わせてください。(下図参照。)
    さらに着崩れが起こらないよう、『きものベルト』を使用します。
   
まず左の身八つ口からベルトの先をいれて、下前の衿をクリップします。
    引っ張りながら後ろに回し、上前の衿をクリップ。
    用兩手整理衣領。




首の根元にある『胸の骨』を隠すように衿を合わせます。
衣領要確實合緊蓋住鎖骨。


9.衣紋(えもん)を抜く。
   衣領往後調整。


   きものベルトをした後にできたしわを、ていねいに伸ばしておきましょう。
   将腰紐榜上後小心的把皺摺往兩邊整平。

    そして後ろ衿を調整します。
   之後調整後衣領,往後拉約一個拳頭大小。原因為看起來很涼而且感覺比較有女人味喔!
  
   専門用語で『衣紋(えもん)を抜く』といいます。
  『衣紋(えもん)を抜く』
  【浴衣專門用語小教室】
   衣領往後調整為『衣紋(えもん)を抜く』。


10.伊達じめで仕上げる。
  伊達締めをつければ完成です。マジックテープ式の伊達じめ
  (下図・左)がカンタンなのでオススメです。
可使用如圖的伊達帶固定腰部或第二條腰帶固定。這樣浴衣比較不會因為走動而移位!

連續完整的動畫浴衣穿法!!